はじめてのパソコンづくり、予算7万のすべらかゲーミングPC

8C7AFE4C-0A55-4434-B71B-83C50A3F3798

ゲーミングPCを自作した。あいらしき初号機殿となる。はじめてのパソコンづくりにあたり諸々調査を行ったので、それらの仔細を備忘録として残しておく。

動機

すこし前よりYouTubeにてゲーム実況なる活動をはじめた。読んで字のごとくゲームを実況する活動である。主としてPCゲームの実況を行うものであるが、その際、プレイするゲームと同時にBandicam(画面および音声収録用のソフト)を起動することとなり、以前Web制作の実機検証機として迎えたスペック度外視のふるきThinkpad X250ではどうにも満足いかなくなった。

実況しながらでも快適にゲームがしたい。いずれライブ配信というやつもしてみたいとかんがえているものだが、そうなるといよいよスペックが足らない。ドスパラなぞで既製品のゲーミングPCの中古をあさってみたが、どうにも予算と釣り合わないし、へたなものを買うとオーバースペックとなってしまうようにおもえる。どうしようか、どうしようかとウンウン唸ること数週間、悩むことにくたびれた私は悩むことをやめた。

いっそ自作すればよろしい。

要件

主としてSteamで配信されているFPS、TPS系ゲームやMinecraftなどを収録しながらに快適とあそびたい。具体的にはフレームレートの30fps前後は常時保てるようになりたい。(X250ではおおよそのゲームで10fps前後のなかどうにかこうにかプレイしていた。)そうしてあわよくばFF14のような要求スペック高めのゲームや高負荷のウォーキングシュミレーション系なぞも動かせるとなお良いが、これはあわよくばでかまわない。

プレイするゲーム参考:

  • 『Minecraft』
  • 『The First Tree』
  • 『MEADOW』
  • 『Mýrdalssandur, Iceland』
  • 『FINAL FANTASY XIV』

構成

34E8DBF7-DBF5-4FB0-8965-F0C5069B76E0

総計

¥65,296

スペック

  • Intel Core i5 9400F
  • NVIDIA GeForce GT1030
  • Memory 16GB

ベンチマークサンプル

パーツリスト

※手元に使い回せるHDDあるいはSSDがない場合、別途購入が必要。追加予算1万弱。 ※既存のWindows10ライセンスがない場合、別途購入が必要。後述。追加予算2万〜3万。

Windows10ライセンス

今回、X250のWindows10ライセンスを再認証したのでライセンス費用が発生しなかったが、ライセンスの購入が発生する場合、Home版なら2万弱、Pro版なら3万弱ほど追加予算を見込む必要がある。HomeとProの差異はビジネス向けにいくつか機能が追加されていることにあり、それらは家庭のゲーミング用途にはほとんど不要であるため、ビジネス用途も兼ねるなどでなければHomeで十分とおもわれる。

購入手段はいくつかあるようだが、公式サイトから購入するのがもっとも安全かつてっとりばやい。Amazonでも見当たるがパッケージがさまざまあり検討がめんどうにおもわれた。コストダウンのためにメルカリやヤフオクで入手するという手法もあるようだが、それらはえてして安全とトレードオフである。

結果

098B2421-EB75-4EB0-96C7-1D6FD028ECDE

快適。さいこうに快適。とんでもなく快適。しあわせなせかい。The World is hapiness.

Bandicamを起動している状態でMinecraftやSteamのゲームはゆうに60fpsをだし、FF14もデスクトップ高品質設定+Bandicamをもってして30fps。すばらしい。ウォーキングシュミレーション類も負荷なくうごき、じゅうぶんに景色を愉しむことができる。すばらしい。すばらしい。この世はとてつもなくすばらしい。

グラフィックボードおよびCPU選定

初手はひとまずスペックの高いものを検討。Core i7系とGTX1600系。しかしコストの高さおよびオーバースペック疑惑もあり、必要十分のスペックをさぐることに。そもそもグラボとCPUの組み合わせの善し悪しというのはどのようなものであるのかを調査。

ゲームにはとかくグラボが重要だが、グラボとCPUの組み合わせもなかなか重要であるらしい。高スペックすぎるCPUに低スペックすぎるグラボを組み合わせたり、その逆などをするよりも、どちらもすこし低めのスペックで揃えてやったほうがちぐはぐなスペックよりも良い結果が出るものだという。

CPUはIntelのうちi3、i5、i7いずれにするにせよ世代がだいじで、第8世代および第9世代つまり8000番台か9000番台がよい。CPUもそうだがグラボも上をみればキリがない。『おすすめなグラフィックボード7選:自作歴20台以上の筆者が解説』を参考にGT1030でも必要十分なのではと狙いをさだめる。

グラボが決まり、つぎはそれを基準にCPUを選定。グラボがGT1030であるなら、CPUはi5で十分とみえる。世代についてははじめ、ねらいのマザーボードにあわせてi5 8400Fを検討していたが、第9世代の発売された現在では第8世代のほうがかえってコストがかかることから、第9世代もいけるらしいというレビューを頼りに9400Fに変更。

CPU、グラボの候補の絞り込みが完了した時点でYouTubeで検索をかけ、ベンチマークサンプルをチェック。ベンチマークされているゲームの多くは私のプレイしたいものよりもスペックを要求されるものが多いので、それらで快適に動いているように見えるならば問題ないと仮定。マザボやメモリなどでも振り幅が出ることを踏まえるため、できるだけ多くのサンプルを確認する。

結果、十分に必要要件を満たしていると感じられたため、以下で確定。

マザーボード選定

メモリがi5第9世代ときまったので、それに対応するマザーボードのなかでコストおよび性能がもっとも好ましいものをさがした。ゲーミングPCをつくるならばZ390など、あたまがZではじまっているもののほうがオーバークロックなどできてよいらしいが、そもそもオーバークロックをやる予定がないし、さらにいえばオーバークロックというものがなにものであるかちっとも理解していないものであるのでH系で十分十全。H390などではコストが高すぎたため、H370でゲーミング用のものを選定し、以下に確定。

PCケース選定

予算に4千〜7千程度の振り幅をゆるして選定。マザーボードがATXサイズなのでそれに対応するもの、かつゲーミングPCに向いているスタイリッシュなもの。外観は大切。とてもたいせつ。うつくしいはただしい。要件を満たしていればあとはひたすら好みで絞り込む。個人的に、Corsairのケースはどれもデザインが上質でよろしい。いずれCorsairの1万円台に乗り換えたい。ウンウンとなやんで以下に確定。

他選定

CPUクーラー、電源ユニット、メモリの選定は『予算別に、自作PCの組み立てプランと解説を10個まとめたよ』の5万円台を参考にした。現在Amazonではすでに在庫がないものも多かったため、その場合はコストおよび性能が近似している商品を選定。

実際の組み立てではまった箇所

3C389B18-DF7A-4774-B0A0-BFCE25DBA9C4

基本的には各パーツを説明書のとおりに組み上げていけばよい。とくべつむずかしい工具なども必要ない。PC組み立てというと、ハンダづけなどこむずかしいことが求められるものだと勝手に思い込みイメージしていたが、組み立て家具とさして変わらぬシンプルさであった。

スペーサーの取り外し

スペーサーについては二箇所悩みどころがあった。

ひとつに、多くの記事でスペーサーを取り付けるように書いてあるのだが、手元のPCケースにはスペーサー用とおもわれるネジがぽろりとひとつしか入っていないし、どうもケース側にすでにいくつか取り付けられているように見えた。「マザーボード スペーサー」と打ち込んで記事をまわっていると、PCケースによってはすでに取り付けられている場合もあるとのこと。どうやら私の購入したケースはこのパターンだったようだ。この場合、逆に不要な箇所にもついている場合があるから、手持ちのマザーボードのネジ穴と照らし合わせ、不要なスペーサーは取り除いてやる必要がある。

もうひとつはスペーサーの取り外し。六角スペーサーというこのシロモノ、プラスやマイナスのドライバーではにっちもさっちもいかない。事前にラジオペンチがあるとよいと見ていたので一応それは用意していたのだが、どうやらここで出番となるらしい。しかしラジオペンチでと、できないことはないのだがどうにもこうにもやりにくかった。これには専用のネジまわしがあるらしく、次回はそれを用意しておきたい。

バックパネルのツメ

なにぶん普段組み立てというと、家具の組み立てばかりしか経験のない。ツメのようなかたちをみると全自動でひっかけるためのものと理解してしまう。

調べるとすこし曲げておいてやったほうがよいと書いてある記事が多いが、”すこし”の加減が自己補正されてしまい直角に曲げてしまった。そうするといざマザーボードを設置しようとしたとき、ツメがとてつもなく邪魔になり、まったくどのようにもならない。まずI/Oパネルとうまくはまらない。ここで三十分以上悪戦苦闘する。しかし付属で用意されているものでうまくいかないわけがない。きっと私がなにかおかしいのだ。

冷や汗を感じながらさらに調べると、そもそもこのツメのようなものはヒューズであり、I/Oパネルの金属部に触れていればそれでよい、しかし触れていなければならないのですこし曲げてやるとよい、という一文を見かけた。なるほど、つまりこれは留め具でもなんでもなく電流を通すニュアンスで触れていることだけが要件のあれなのかとようやく思い至り、直角をゆるやかな具合に直してやる。

さらに、ネジにあわせてマザーボードを置こうとするとツメがI/Oパネルとぶつかるのだが、そもそもこれは隙間に留め具としていれるのではなく、パネルとふれているのがただしいということなので、つまり押しつけてかまわないということかとようやく気づき、やっとこさバックパネルのとりつけが完了した。よかった。

配線

想像よりはむずかしくなかったが、それなりに手間はかかった。配線の際には各機器の説明書を照らし合わせながら行うことのがよろしい。少なくとも、線のプラスもマイナスもあいまいの初心者であるうちは。

今回はマザーボード、電源ユニット、PCケースの取扱説明書を三者三様に広げつつ各配線とコネクタを把握しながら作業した。基本的にコネクタのかたちがそれぞれちがっており、また逆指し防止のしごとがコネクタに施してあるので、それぞれの対応さえわかれば配線としてむずかしいことはない。

なにがむずかしかったといえば、マザーボードをPCケースに設置してからの配線、すなわちPCケースおよび電源ユニットの配線をマザーボードに繋ぎ込む際のこと、なにぶんすでにマザーボードがPCケースのなかにあるため手元がたいへん暗くなってしまったことだ。作業内容が繊細だのに手元が見えないという状態はぐんぐん心臓に負荷をかける。

今回はiPhoneのライトをどうにかこうにか扱ってことなきを得たが、つぎに配線をいじるときには手元用のいい具合のライトを買っておきたい。

購入前の疑問

ケーブル類は付属しているのか

結果として、必要なケーブル類は各々マザーボードなりケースなりに付属していた。とくに気になっていたのはケースとマザーボードの機能をつなぐ諸々のケーブルおよび電源ユニットとマザーボードをつなぐケーブル類、それからマザーボードとドライブ類(SSD/HDD)とをつなぐSATAケーブル類だが、少なくとも今回私が購入したものについては、電源ユニットに関わるケーブルは電源ユニットに、ケースに関わるケーブルはケースに、ドライブ類に関わるケーブルはマザーボードにきちんと付属していた。

買い足しが必要とするならば、SATAケーブル。今回はSSDひとつとHDDひとつの換装で、マザーボードにはSATAケーブルがふたつ付属していたからこと足りたが、今後ドライブを増設する際にはSATAケーブルもあわせて買い足す必要がある。

各種参考リンク